祝 三百回記事更新

工作員です。節目ということで記事を託されました。

しばらくご無沙汰で、ブログ管理の仕方忘れ気味・・・

工作員の夏休みの宿題に付き合っていたら、旧桂村の歴史にはまりました。

城里町北方はなんと合戦場跡地だったのです。

室町時代末期、徳化ヶ原合戦(旧北方小周辺、昔は徳化という地名だったそうです)

という戦いが起こり、佐竹一族の大山、小場、石塚の各氏が壮絶な争いを

繰り広げたようです。

佐竹さんは茨城を支配していた一族です。このあたりはそのご親戚がお住まいになっていた

ようですね。親戚のなかで何かと争いがあったようで、とうとう合戦にまで発展し・・・

最後は本家佐竹の仲介でなんとか丸く収まったようですが、村の歴史書を読むと

首塚、胴塚が今は畑や道路になっているなどどいった記述が・・・怖い怖い

の通っている小学校もその合戦に関係があり、その頃はお寺で、合戦が始まっ

た頃小場氏に火をつけられてしまったとか。


今はほんとに静かな所ですが、物騒な時代もあったんですな・・・



史跡「平治館」周辺の畑でカワラケの破片を見つけることができます。

いつの時代のものか判別はできませんが、石がまじり、縄目のような模様が入った

焼きの甘い破片を何個か拾いました。

遠い昔の住人さんからお土産をいただいたような気持ちです。

DSC01614.jpg





関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

ひのもと工作員

Author:ひのもと工作員
工作室メンバー
・工作員A(陶彫家)動物や人形を制作 200gAsなど
・工作員K(陶芸家)食器や人形を制作 お雛様・テントウムシ食器など
・工作員C(自称歴史研究家)主に佐竹氏についての歴史・城探検が趣味

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ご来客