動物の作品

DSC00773.jpg
これはシロサイです。
哺乳類のなかで一番サイが好きで、その中でもシロサイが大きくて好きです。
その次は甲を装着しているような形のインドサイがかっこよくて好きです。
の実家の方に在る動物園にはクロサイが居て裏手の山から
見えるのでたまに見に行っていました。
大分前に読んだ本に、ユニ(1)コーン(ツノ)の別名にモノケロス(モノ=単)と言うものがあり
「その姿は牡鹿の頭・象の足・猪の尾・馬の体に似て大きな1本角がある」と描いてあって
一角獣とはサイのことだろうと思っています。
栃木県葛生の化石館に大昔に日本に生息したサイの化石があって
今では希少なジャワサイに近い種だと知り、感動しました。
日本も熱帯だったら今でも森の中にサイが居たかもしれません。
・・・・・あ、熱帯だったら毒虫もいっぱい居ることになるのでいいや。寒くても。

ホームページ大ののページ
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

ひのもと工作員

Author:ひのもと工作員
工作室メンバー
・工作員A(陶彫家)動物や人形を制作 200gAsなど
・工作員K(陶芸家)食器や人形を制作 お雛様・テントウムシ食器など
・工作員C(自称歴史研究家)主に佐竹氏についての歴史・城探検が趣味

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ご来客