2012 益子秋の陶器市作品


私は作品を作るとき資料を集めてかなり良く見ます。それは何度も作ったことがあるものでもです。例えば猫はおそらく500匹は作りましたがそれでも一匹ごとに形を確めながら掘り出します。なぜかというと佇まいや仕草に説得力を持たせたいからです。これが出来れば、あり得ない格好にしても違和感を感じさせないものです。一番良いのは実物を見ながら作ることです。でも犬や猫以外はなかなか家にいては出会えません。そんなわけで、その辺に歩いていないかな…インドサイ…
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

ひのもと工作員

Author:ひのもと工作員
工作室メンバー
・工作員A(陶彫家)動物や人形を制作 200gAsなど
・工作員K(陶芸家)食器や人形を制作 お雛様・テントウムシ食器など
・工作員C(自称歴史研究家)主に佐竹氏についての歴史・城探検が趣味

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ご来客