クラシック え。

025.jpg

え。(え マル)はそれぞれ何かを観ています。
3人とも別々のところに飼われていって
それぞれ何かを観ていきます。

え。 よ、何を観る?
え。「・・・・・」

やっぱり え。 は答えません。

金澤美術 個展 明日まで

にほんブログ村 プロ陶芸家

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

カーバンクル

129.jpg
カーバンクル』は16世紀に あるスペイン人が
パラグアイで目撃したと伝わる未確認動物です。
それによると
「燃える石炭のごとく輝く鏡を頭に載せた小さな動物」
とだけでどんな姿をしているかはわかりません。
128.jpg
頭に ルビーガーネットのような宝石がついていて
それを手に入れたものは名声が得られます。
今回はこんな動物にしてみましたがいろんな形ができそうです。
きっとこれを作るたびに私はが得られます。

金澤美術 個展開催中

にほんブログ村 プロ陶芸家

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

014.jpg

500gA’s 『』 です。
今後200gだけでなく500gで もっと細かいところまで
現していこうと考えています。
これはその中でも classic(高尚) なものです。
陶器市作品ではここまではできません。
ギャラリーでだけ 出していきます。

ただいま金澤美術個展開催中

にほんブログ村 プロ陶芸家

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

金澤美術 個展

035.jpg
『双龍のたかつき』
今回の個展のメインです。

金澤美術での個展  土曜日から

にほんブログ村 プロ陶芸家

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

好文亭

先週13日は茨城県民の日で工作員は学校が休みでした。

しかもこの日は県の施設がタダで入れちゃいます。
というわけで、毎年工作員宅は県民の日には県立歴史館に行くのがならわし(?)
今年も歴史館へ。

しか~し、ちょっと出発が遅れたため歴史館の駐車場が満車になっており(泣)
しかたなく我々は別の駐車場へ向かうことにしました。

その駐車場のすぐそばには偕楽園があります。

せっかくなので偕楽園を横切って歴史館に向かうことに。ついでに何年かぶりに
偕楽園内にある好文亭にも行ってみることにしました。

忘れたましたが、ここは襖絵がすごいんでした。部屋は細かく区切られており、その部屋ごとに梅や竹が襖に描かれています。そして藩主、藩主夫人、お供の人が控える部屋と使い方が決まっていたようです。
092.jpg


103.jpg

へやの襖絵を眺めながら、廊下を歩いていきます。
途中太鼓橋みたいな廊下が・・・旅館みたい。
116.jpg

窓には篠の格子(?) 外から見ると、窓だと解らないそうですよ。
徳川斉昭自らが考えたものだとか。
117.jpg




一階の藩主御なりの部屋付近  開放的になり、庭が見渡せます。
109.jpg

2階にあがると千波湖が見えます。

112.jpg

が一言

「こんなところに住みたい」

は寒くてヤです。






クラシック カエル

064.jpg063.jpg
065.jpgDMの作品です。
黄鉄鉱のようなキューブのシャープなラインに
高級感を託しています。
かえるを乗せたまま彫りだすのが難しかったです。
この作品 3つ在って重なります。

金澤美術での個展 22日から

にほんブログ村 プロ陶芸家

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

金澤美術 個展 DM

0002.jpg

金澤美術さんでの個展DMができました。
0003.jpg

ぜひ 御高覧ください。

にほんブログ村 プロ陶芸家

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

クマ玉

157.jpg

『クマ玉』です。
鮭を食べています。

にほんブログ村 プロ陶芸家

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

終わりました、陶器市

終わって気がついたら、陶器市の写真一枚も撮って無いじゃんっ

毎日カメラ持ち歩いてたのに・・・

天気予報に並んでいた傘マークはどこへやらで、

2日から昨日までいいお天気に恵まれました。

お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。

そして路地裏テントの皆様、大変お世話になりました。

今後の予定はこんな感じです。

笠間の金澤美術さんで展覧会
来年初めの雛人形展の制作
遊ぶ(連れて行け要求多数あり)

来年用の種まきや、寒さ対策も・・・

今日はこれから積荷の片付け、畑の準備をします。

では行ってきます~











宝箱

~千年先も宝物~ を彫る

焼き物は大切にすれば千年先にも残るもの。
だから千年先でも宝物として残るものを目指します。

私の作品は
*自分だけの宝箱を持ちたいと望み
*その中に入れる宝物を求め
*さらにその宝箱を隠した地図を後の世の冒険者の探索行に
  役立てたい
と 夢見る人のために生み出されるものです。


これが今の私の制作コンセプトです。

151.jpg
春に作った『サイ玉』」に味を占めて
玉シリーズにして 宝箱につめてました。

153.jpg

・・・・・・・・・・これ宝箱か?

益子陶器市 開催中

にほんブログ村 プロ陶芸家

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ひのもと工作員

Author:ひのもと工作員
工作室メンバー
・工作員A(陶彫家)動物や人形を制作 200gAsなど
・工作員K(陶芸家)食器や人形を制作 お雛様・テントウムシ食器など
・工作員C(自称歴史研究家)主に佐竹氏についての歴史・城探検が趣味

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ご来客