一人殿様

DSC00987.jpgDSC00986.jpg
トノサマガエルです。
偉そうにふんぞり返っています。
家臣て居るんでしょうか?
みんな殿様なのに・・・・・・・
DSC00989.jpg
いや、そんな顔されても・・・・・・

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

猫を救助できるのか?

DSC01001.jpg
救助隊員:落ちそうな猫を発見しました。

体長:すぐに救助しろ。

隊員:しかし暴れて手がつけられません。

体長:怖がっているんだな・・・・・・
   迂闊に手を出せばこちらが怪我をする。
   何か手は無いか?

隊員:あ、猫の横腹に緊急ボタンが!
   
体長:よし!
    それを押せばきっと飼い主に救難信号を発信するだろう。

隊員:押します!ポチッ

ピーピーピーピー

体長:む!救難信号だ!

隊員:すぐ現場に向かいます!場所はどこですか?!

・・・・・・・猫は落ちてしまいました・・・・・・・・

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村
 

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

鼈形の合子

一輪ねこと苔錆画像 185
2年前に古代の銅器を模写したものです。
鼈(ベツ・・・・スッポンのこと)だと思うのですが
甲羅にタカラガイ(宝貝)が乗せてあってドーム状なので
リクガメの様でもあります。
貝が蓋になっている合子で茶道の方が買ってくださいました。
香合に使うんでしょうかね。
ちなみに全部(貝も)磁器でできています。
私の『苔の衣』シリーズの作品です。

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

DSC00366.jpg
鯱です。城の屋根に乗っているとかっこいいやつです。
虎頭の魚で元はインド神話のマカラというものです。
実は魚ではなくワニのことだといいます。
そういえばヒレはイザリウオのように手足っぽくなっています。
水の神様の乗り物で水を司るため
屋根の上に置いて火伏せの守りとしています。
十二星座のカプリコーン(山羊座)に対応していて
そういえば山羊座は尾が魚になっています。
どちらが先かは知らないですが・・・・・・

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

恐ろしい蛇蛙

DSC01641.jpgDSC01644.jpgDSC01645.jpg
今から10年以上前・・・・・・
私は町外れの沼のほとりを通る路線バスに乗車していました。
その沼には目を合わせたら死に至るという
恐ろしいカエルがいるという話がありました。
私は人の顔はあまり認識できませんが虫や動物は
一瞬でも視界に入ればかなり認識することができます。
私は身を乗り出してカエルを探しました。
すると沼の手前の岸に頭の大きなヘビか何かが視界の端に
見えたのです。それに焦点を合わせると・・・・・・
こっちを見たのです。ヒキガエルのようなその顔が。
私は目を合わせてしまった・・・・・・・・・・
・・・・・・別なとき・・・・・・・
どこか、アプローチから土間に入った
建物の中、椅子に座っていた私の足元にそいつは絡み付くように
襲ってきたこともあります。

これは私が見た夢の話です。
でも「目が合ったら最後」という
アフリカに棲む伝説のバシリスクのようなこの生き物・・・
夢で聞いた名前をはっきり覚えています。
この生き物の名は『アシゲチ』です。

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

普賢の杯

DSC01722.jpg
前述の文殊菩薩とともに如来の脇侍を勤めるのは
六牙の白象の台座に乗る『普賢菩薩』です。
こちらは智慧に対して『理性』をつかさどっています。
また女性を救済する仏として女性の信仰を集めたそうです。
この杯で呑むと女性にモテモテに・・・・・・・・zzzzz
はっ・・・・・・夢か・・・・・・

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

文殊の杯

DSC01719.jpg
獅子の台座に乗る仏といえば・・・・・
文殊菩薩です。
「3人寄れば文殊の知恵」の通り
知恵を表す仏様です。
この杯に注がれた御神酒は
知恵の象徴です。
私も欲しいです。知恵・・・・・・
おっと、自分で努力努力・・・・・・zzzzzz

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

妙見の杯

DSC01724.jpg
杯の高台に龍を彫りました。
器の中には星が線彫りされています。
龍の台座に乗る星・・・・・・妙見神を表してみました。
妙見神は北極星の具現です。
妙見神の台座は龍だけとは限りませんが今回はこれにしました。
アメリカの方に買っていただけたので今頃はアメリカかも・・・・・
私は行ったことが無いけど作品は旅をします。

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

東京国立博物館ブラブラの巻

8月3日、工作員C初一人旅のため、東京へ。 

工作員Kは東京駅まで付き添い、博多行きの新幹線に乗せました。

途中ヒヤヒヤしたことがあったようですが、九州まで連れて行かれること無く、

なんとか無事、岡山駅で降りることができたようです。



Cを見送った後、Kは上野の東京国立博物館へ

Cと一緒だと近くのカハクに行くことになってしまうので、

Cが留守の今だ!!


しばらく改装中だった東洋館がリニューアルオープンしたので、楽しみにしていました。

まずは本館から。

古代のものが展示してあるスペースで興味をひかれたのは、経筒。

お経を入れて土に埋めるための容器なのですが、円柱の筒に、円錐の蓋が乗っていて

なんともかわいらしい・・・作ってみたい。

経を埋めた場所は経塚とか、御経塚という地名がついているそうです。

そういえば、石川県の野々市町に御経塚という地名がありましたな。

今は大きなイオンモールがありますが、昔なにかあったのかね・・・。


東洋館はウン十年前に西域美術展を観て以来・・・

全部ではありませんが、展示物がいろんな方向から見られるのがよいです。

途中アジアの占いコーナーがあり、モンゴルの占い、やってきました。

羊の骨を4つ転がせて、出た骨の上の面の形で占います。さいころみたい・・・

Kの結果は☆1つ。「困難は伴うが、なんとかなる」

吉といったところでしょうか。

あんまりうれしくないけど、なんとかなるならまぁいっか・・・

以前同じ占いで工作員Aは最強を出したらしい・・・


その後法隆寺宝物館に行きました。

お面と小さな観音をたくさん展示しています。 

制作時期は飛鳥時代。聖徳太子がいたころ?


お面は胡人、力士、金剛、胡女さまざまなキャラクターがいますが、

どれも顔が個性的で笑えます。

少し斜めから見ると、鼻の高さが大きさが違うのが見えておもしろいです。


お面といえば、別の館で中国の皇帝のお面を見ました。

その皇帝、かなりイケメンだったらしく戦争の際は、ブサイクでこわーいそのお面を

つけていたとか。こちらはエピソードに笑えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

銀座黒田陶苑4回目個展終了

銀座黒田陶苑での個展、8月1日で無事に会期を終え
昨日搬出を済ませて終了いたしました。
私の作品を御覧下さった方々
私の作品で楽しんで下さった方々に心から感謝です。
ありがとうございます。

DSC01709.jpg
この作品はアカメアマガエル君です。
わずかに鉄分が有る磁土で青味がかって美しいので
焼き閉めにしました。
目が赤くないので説明がないと何がえるなのか分かりませんね。
飲み仲間のT先生に買っていただきました。
いつもありがとうございます。
家で作って銀座から近所に買われる・・・・・・
逆輸入みたいな感じです。

にほんブログ村 美術ブログ プロ陶芸家へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ひのもと工作員

Author:ひのもと工作員
工作室メンバー
・工作員A(陶彫家)動物や人形を制作 200gAsなど
・工作員K(陶芸家)食器や人形を制作 お雛様・テントウムシ食器など
・工作員C(自称歴史研究家)主に佐竹氏についての歴史・城探検が趣味

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ご来客